Entries

高齢者ばかりの町内会

最近町内会の存続について考え込むことがあった。
我が家はこの3月まで町内会の組長をしている。町内会にはいくつかの組があって、各組ごとに組長を選出するのだが、どの組もたいていは持ち回りで務めているようだ。
先日町内会長さんから次年度の組長をする人を知らせるようにと連絡があったので、次のお宅へ話に行った。一人暮らしの人で、体の具合が悪くて出歩けないから4月からできるかどうか分からないと言われた。その次のお宅と入れ替わってもらうようにお願いしましょうか、と言うと、それは待って欲しいと言われた。3月までには回復するかもしれないと考えてのことだろう。

その話の中で、組内の人の年齢の話になった。実に高齢者ばかりなのだ。多分69歳の私が一番若い。元気な人ばかりではないに決まっている。

組長の家には、防災用品が一揃い届く。防火用バケツとか消火器とかヘルメットとかだ。結構かさ高いので、それが届くと組長には災害の際のリーダーの役目も負うことになるのだという意識が働いて、気が引き締まるというより、気が重くなる。いくら防火用バケツがあったって、それに水を入れて運ぶのは力のない人間には無理だ。私だって自信ない。
いつだったか近所の人と立ち話していた時、もう後期高齢者だし組長の役はできれば辞退したいという人がいた。
現実には、町内会費の集金と、回覧の中身が届いたら回すだけの用事しかないのに、である。
いつか大きな地震が起きるのではないかと言われているので、災害時の組長の役目の重さを取り越し苦労する必要はないといっても、責任感の強い人ほど心配になるのかもしれない。

若い人の中には町内会など面倒くさいだけと思う人も多いらしい。町内会なんて行政が仕事を任せるのに都合がいいだけの組織ではないかという過激な意見もあるようだ。行政も公務員数を減らそうとすると、自治会頼りになるのは仕方がない。

いずれは、組中が高齢者ばかりになって、体が動かなくなったり中には認知機能が衰える人も出てきたりして、役を引き受けられない人ばかりになりそうだ。よその組では引き受け手がないので一年おきに役がまわってくるところもあるそうだ。90歳の方である。後何年続くやら。
どこも似たような状況なら、そのうちいっそ町内会から脱退しましょうというところも出てくるかもしれない。任意団体だから不可能ではない。いきつくところ町内会そのものの解散という話になるかもしれないのだ。


白いご飯

麦には水溶性の食物繊維が豊富だと聞いてから、我が家では麦飯を食べるようになった。黒米にはポリフェノールが多いのではないかと、夫が黒米も買ってきて、さらに私の実家の弟がもちきびを作ったからと少し分けてくれたので、最近はそれら三種の穀類も混ぜて雑穀米まがいの飯を炊いている。

正月だけはやっぱり白いご飯がいいと夫から要望があったので、ただの白いご飯を炊いた。正直なところ、久しぶりに食べた白いご飯はおいしかった。

体に悪いものは旨いと誰かが言っていたっけ。いや、白いご飯が体に悪いということはないだろうけれど、健康志向のブームに乗っている人は避けているのではないか。
米の需要が減り続けているそうだし、米も含めてそもそも炭水化物をとらないという食事療法も流行っているようだし。

おいしいものはたまに食べるからいいのだ。
子供のころ、農家だった実家では普段はいつも麦飯だった。白いご飯は特別な日の御馳走の時だけだった。
今では健康のために麦飯を食べているのだから、昔とは生活の内容が随分変わっている。

運動と食事

年明けからぼつぼつ体を動かすようになり、次第に時間を増やしたり腕も一緒に動かしたりするようになっている。運動しなくてはという義務感が強いと無理をするようになって、体にはかえってよくないのだろう。熱中し過ぎないように自戒しつつ、気楽にその日の気分で、とにかく毎日続けたほうがいいと自分に言い聞かせよう。

「踏み台昇降」をインターネットで検索していたら「若い人には長続きしない人が多いが、中高年には足腰を弱らせたくないという切実な目的が有るので、それがモチベーションとなって長続きする人が多い」
と書かれていた。若い人の場合は痩せるのが目的だからだろう。
太り過ぎは高齢者の場合体の故障につながるから、少しは注意した方がいいと思う。見た目は二の次だ。ダイエット目的なら食事療法も必要になるが、痩せることは考えていないので、食事は普通にしている。

食事といえば、夫がごくたまに家を空ける日は、料理など何も作りたくない。インスタントラーメンを煮るのさえ嫌で、そそくさとお茶漬けとか、菓子パンをつまんだりして済ませてしまう。別に普段夫においしいものを食べさせたくて料理しているなどということはない。そこまでできた妻ではなくて、むしろ仕方なく作っている方だ。だから作らなくても済む日は何もしたくないのかしらん。
鴎外の娘で作家の森茉莉さんは生前家事など全くしなかったそうだが、自分が食べたいものだけは熱心に調理したらしい。自己愛の強い人だったのかもしれない。自分が食べたいものがはっきり分かっていたということだけは感心してしまう。


やりくり上手ではない

近所の顔見知りの奥さんと立ち話をした。
どちらも年金生活の夫婦二人暮らしだ。年金額の話題になり、相手の奥さんがなんだかんだで手取りで月30万くらいの年金があるけれど、足りないから貯金を取り崩している、と仰ったので少々驚いた。士業だったご主人の、現役時代の年収は8桁だったそうだ。当時は一ヶ月の生活費が50万円くらいだったから、これでも支出を抑えているつもり、これ以上は引き締められないと言われた。

自慢にもならないが我が家の現在の生活費は、国民年金や介護の保険料、固定資産税や自動車税、民間の医療保険などの経費を引いた残りで月に17~18万だ。それで足りないということはない。だいたいの月は余るので家電などの買い換えの費用のために蓄えている。夫が現役時代からそのくらいの生活費だったので慣れてしまって、そんなに窮屈な思いはしていない。

正直にそう打ち明けたらところ、よほどうまく切り盛りしていると思われたのか、奥さんが「どうしたら節約できるか教えて」と仰った。本気でそう言われたのではなくて、冗談半分だったと思う。またはお得情報の引き出しが多いと思われたのか。

お得情報も知らないし、うまく切り盛りもしていないんです、私はそこまでやりくり上手ではないから、ただただ使わないようにしているだけなんですよ。でも言葉には出さないで笑ってごまかしておく。
旅行も外食もしない、洋服も滅多に買わないし、買うときも古着やスーパーのバーゲンで探したりする。美容院は1000円カット、友達づきあいもほとんどないからおしゃれな店でランチもしない。せいぜい100均でおもしろそうな品物を買って楽しんでいるだけ。

そもそも生活程度のランクの違う人に、そんなみみっちい暮らしは想像もつかないに違いない。具体的にそうしているなんて話はやっぱり冗談としか受け取られないはずだ。
足りない足りないで貯金を取り崩していって、どうにもならなくなった時には、誰だって必然的に生活をダウンサイズするしかないのだから、そうなった時に自分で考えればいいことではないのかしらん。

無題

ここの所の寒波で平年は滅多に雪の降らない九州でも雪が積もっているそうだ。北の方は降雪が何日も続いて、雪下ろしが大変だという。
この辺りでもテレビの天気予報では一段と寒さが厳しくなるらしい。最低気温こそマイナスでも日中はそんなことはないから、よほど大丈夫と思う。

天気予報の担当者が水道管の凍結には注意と言っていた。
我が家では去年漏水したため、それまでは壁の内部に通っていたのを、外壁にむき出しになるよう配管し直してもらっている。もちろん断熱材を巻いてもらっているが、それでも念のために何かもっと重ねて巻いておいた方がいいのだろうか。蛇口の部分にはタオルを巻いておくといいと、水道屋さんが教えてくれたのでそうしている。凍って破裂して、またまた修理してもらうのも困る。

最近の建築はどうなのだろう。水道管もガス管も建物の外側にむき出しにしておいた方が、修理がしやすいからいいという意見もあるようだが、不格好だからそんなことはしないのだろうか。新築のうちはデザインが良くて見栄えがする家も、年月が経過すればいろいろ不具合が出てくるのだから、初めから修繕を見越して設計してもらえばいいのだが。

我が家はこれから先自宅を新築する予定など一切ないけれど、最近は二世帯で済む人が少ないから、この辺りでも親が亡くなった後住宅を取り壊して、建売にしたりアパートにしたりする工事がぼつぼつある。古といっても、築二十年も経っているかどうかの家を、である。

どんどん取り壊して新築住宅にするのなら、修繕を見越すなどということはあまりないのかもしれない。経済が回るということにはそういうことも含まれているのか。

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR