FC2ブログ

Entries

わからない

高村薫著の福沢彰之シリーズを「晴子情歌」から「新リア王」「太陽を曳く馬」と読み進んできて、今、何とも重い余韻が残っている。特に「太陽を曳く馬」は宗教を介して人間の生死や存在の根源に迫ろうとさえする意図が感じられ、そんなことを真剣に考えたことがなかった身にはなかなか理解がはかどらない。分からないことは分からないままにしておけと、ささやく自分もいるにはいるが。
 市立図書館で「冷血」を予約したところ順番待ちが200人以上ある様子、これでは何時のことになるかわからないので、書店で上・下巻2冊を買った。まだ買った時の袋に入ったままになっている。何というか「太陽を曳く馬」を自分なりに解釈できるようにならないと、読み進むことができない気がするのだ。

 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/74-1a2142ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR