FC2ブログ

Entries

甘いものを作る

スポンジケーキ生地に伊予柑の皮の甘煮を細かく刻んで混ぜて焼いたものが、存外に風味がいいようで、目下のところ夫は気に入っているようだ。食べるのは夫だけなので、(私は去年の検診で脂肪肝になりかかっていると言われて以来、菓子類を口にしておらず、そういう生活に慣れてしまった。甘味として食べるのは一かけらのチョコレートか、甘栗を二つ三つか、サツマイモだけ)18㎝×9㎝のパウンド型で、卵二個と砂糖70g、小麦粉100g、とサラダ油と牛乳を適宜といった材料の、ささやかなものしか焼いていない。ガスオーブンを使うには小さすぎる気がして、もっぱら無水鍋で焼いているのだ。温度計も何もないけれども、特に失敗もしないで焼けている。

ネット上のレシピを見ていると、パウンド型を使ったケーキを総称してパウンドケーキと言っているようだ。スポンジ生地を使っていてもパウンド型を使っていれパウンドケーキと紹介されている。
どちらでもいいことだがパウンドケーキというのは、もとは粉と砂糖、バターと卵をそれぞれ1パウンドずつ使うからパウンドケーキと呼ぶのだと菓子作りの本で読んだことがあるが、最近はバターのような飽和脂肪酸は体に良くないと信じる人が増えているせいか、バターの代わりにサラダ油を使うのが主流になったのかしらん。バターを多量に使うより、サラダ油をそこそこという方が、カロリーもいくらかは減らせるわけだし。

一週間で食べきるので毎週焼くことになるが、同じものばかり作るのは私の方も飽きるので、来週はお彼岸におはぎを作った残りの餡で、あんまんにするか、またおはぎを作るか思案中。

春の彼岸は本当は牡丹餅らしい。牡丹餅は粒あん、おはぎは漉しあんを使うとか、以前聞いた。餡の材料に去年の暮れに弟に貰った小豆を使ったら、出来が悪くて(何しろ昨年は日照り続きのひどい気候だった)煮えかたがむらだったので、しかたなく漉しあんにした。それ故春の彼岸なのに、おはぎを作ったということになる。おはぎだから小ぶりに作って、実家へも持って行った。

ホント、こんなことはどうでもいいことだなあ。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/694-82ed62f7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR