FC2ブログ

Entries

健診結果を聞いてきた

十日たっても、数値に異常が有るからなんて電話はかからなかった。それほど心配する必要はないに違いないと思ってはいたが、体重の大幅な減少について(重大な病気が潜んでいる場合があるから、がん検診を受けた方がいいとかなんとか)言われるのではないかと、気が重かった。
重い腰を上げて、昨日結果を聞きに行った。

結果は血液検査の結果はすべて正常値、心配していたクレアチニン値も0.66まで減っていた。やれやれだ。
お医者さんは数字は変化すると言っていたが、クレアチニン値は筋肉量の多い人は高く出るそうだから、自分では筋肉量が減ったせいではないかと思う。10kgも体重が減ったのは脂肪が減ったせいだけではないはずだ。

体重についてはやっぱり指摘された。食べていないのではないかと思われたのかもしれない。実際は夫と同じくらい食べているのだ。ただし菓子類をほとんど食べなくなったのと、刺身を酢キャベツでくるんで食べたりとか、ちょっと特殊な食べ方をしてはいるが。もともとズボラなので、塩分計算をして少しでもおいしく食べようという根気が続かない。
「去年の四月から減塩を続けているのでむくみがとれたせいかもしれないし、年をとって消化吸収能力が衰えたせいもあるかもしれないけれども、まずまず元気で動くことができているから、血液検査の結果に異常がなければこのまま様子を見たいです」と答えた。でも念のために半年たったら血液検査をお願いしますと申し出て了承してもらった。

長年コレステロールの薬を処方されていたが、飲むのを忘れることがよくあった。それでも正常範囲内だったので、思い切って飲むのを休止して様子を見たいと申し出て、それも了承され、気持ちが軽くなった。

本当は医者通いなんかしたくなかったのだ。いっそ健診なんか受けないという手もあるには違いない。いろいろ細かい数字について言われたくないけれども、言われないような数字になるように生活に気をつけるのも手ではないかとも思う。

自分なりに考えて実行した結果が今回の数字だ。正常値に戻ったからといって元通りの食生活に戻したら、また同じことになる。
減塩は続けるつもりでいるが、さほど厳しい制限は必要でないかもしれず、どこまで緩めるかが問題。(考えるのが面倒だからしばらくは今のままで行くつもりだ)


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/692-a33147f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR