FC2ブログ

Entries

天才その後

ミステリー「カササギ殺人事件」(創元推理文庫)の評判がよかったので、ずいぶん前に図書館で予約した。この本は上・下二冊に分かれている。予約した時から上巻の予約数が下巻よりうんと多かった。私は二冊同時に予約してしまったのでどうなることかと思っていたら、やっぱり下巻の方が先に順番がまわってきてしまった。次の順番を待っている人がいるから借りてきて読んでいるが、ミステリの下巻を先の読むのは何だかちょっと、だ。次から二冊に分かれた本は、予約待ちの数とにらめっこしながら予約を入れなくては。

テレビで「あいつ今何してる?」という番組を見ていたら、子供の時から絵のコンクールに何度も優勝した天才のその後をやっていた。

小学生のころから、コンクールで過去に優勝した絵の傾向を調べ上げて、審査員のお眼鏡にかなうような絵を描いて応募していたそうだ。小学生でそういうことを考えるのはある意味すごいが、特に感心はしなかった。
自分の内部から湧き上がるような感動を表現してこそ芸術ではないか。高い評価を期待して審査員に迎合して描いた絵は、ちょっと違うはずだと思うので。

案の定、その人は画家の道は志さなかったようだ。高校を卒業する頃になって、本当に描くことが好きな人には敵わないことが分かったと言っていた。気がついて良かったと思う。
お医者さんになるのだそうだ。医学書の挿絵は描くと言っていた。お医者さんは患者さんの気持ちを読み取ることが必要な職業だと思う。人の気持ちを読み取ることができそうな人だから、適性にあった職業選択ができたのではないか。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/689-32896e92

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR