FC2ブログ

Entries

チョコレートの日

何日も前から、テレビではデパートの特設チョコレート売り場を取材した様子を映していた。高級な外国製のものとか、有名パティシェが特別に作ったものなどを、若い女性リポーターが口にしておいしいおいしいと繰り返し言う。売り場に集まっていた人がインタビューを受けて答えていた。そういう上等なチョコレートは、大事な人にというより自分に贈るためのものらしい。へえと思いながら見ていた。

チョコレートは嫌いではないが、そんなに上等なものを食べたいという気にはならない。味の違いがわかるだけの繊細な舌をしているかどうか自信がない。だから上等なチョコレートも意味がないような気がしている。

スーパーにも特設売り場ができていて、チョコレートが並んでいた。テレビに映ったデパートの売り場ほど広くないし、閑散としている。大事な人に贈るにも、頑張ったご褒美に自分に贈るにもそれではグレード不足ということかしらん。どちらかといえば小中学生がターゲットなのだろうか。横目で眺めながら、買う気はないので通り過ぎただけだ。

家の冷蔵庫には夫が買ってきたチョコレートの買い置きがある。食べ過ぎはよくないと思い、毎日ひとかけらずつ食べている。食べないと片付かないのだ。

そういえば、今まで70年生きてきたうちでバレンタインデーにチョコレートを贈ったことは一度しかなかった。三十を過ぎてもうそろそろ決めないと思いかけた頃、お見合いして少しだけお付き合いした相手だった。(夫とは別人)
結果はあっさり断られて終わった。一流の大学を出て大手の会社に勤めていた人だ。そういう人には私は合わなかったのだと思う。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/676-db1ab314

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR