FC2ブログ

Entries

夫の不機嫌

昨日は夕食の準備が遅れて夫が常になく不機嫌だった。夕食の時間が遅れたのではない、私が準備に取りかかる時間がいつもより遅かっただけのことだ。
作り置きのおかずがあれこれあって、ご飯も残っているのを片付けなくてはならずレンジで温めて出すだけ、後は味噌汁だけ作ればいい状態だったのだ。30分もあれば十分に間に合うはずだったのに、二階にいた私をいらいらと呼びつけちゃって。

二階に置いてあった猫の餌の容器が空に近かったので、階下へ持って降り、味噌汁の具を切って火にかけて、餌を足した容器を持って二階へ上がろうとしたら、「どちらか一つだけのことを済ませろ」とヌカシおった。
「火が通るまでに行ってこれるんだよ」とこちらもむかっ腹をたてて口答え。難しいことを同時並行でしようとしたわけでもはないのに。

主婦の仕事なんて、それこそあれもこれも同時並行でしなければ片付かないことが多いの。

このごろ私が一人で二階へ上がっていることが多いし、階下にいる時もパソコンに向かって何やらキーボードを叩いているだけだし、塩分を控えているせいで食べるものも違ったりするし、何だか自分が取り残されているように感じて、それが嫌なのかもしれないと思う。
もしかしたら夫は、夫婦というものは仲良く同じ方向を見て同じように暮らすべきだと思い込んでいるのかもしれない。妻が夫に従うのが美徳であった古い時代の概念がそのまま刷り込まれているんだろうか。

お生憎さまです。夫婦だって別々の人格なのだ。自分のしたいことをしたい時もある。正直に「うんざりしている古女房は結構多いと思うよ」と言ってしまいたい衝動にかられる。

まあ日々の小競り合いも夫婦の妙味なのであって、どちらかがあの世に召されて一人になった時には、多分それも思い出になるのだと思う。(まだ一人で取り残されていないから分からないけど)

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/675-488d6859

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR