FC2ブログ

Entries

中身をいれない饅頭

古い料理雑誌にウー・ウェンさんの饅頭のつくり方が載っているのを見つけた。材料が薄力粉だし、何よりも粉200gに対して塩が一つまみと書かれていて、塩分に気を使っている身としては見逃せない。普通の食パンの六枚切り一枚の塩分が0.7gに比べたら、ほとんど無視してもいいくらいの塩分になるのではないか。
中身の入らない生地だけの饅頭なら、食パン代わりになるはずだと考え、作ってみた。

イーストは、何年も前に買ったまま冷凍庫に保存してあったものを使った。古いから発酵するかどうかが問題で、本来はそんな必要がないインスタントイーストだが、砂糖を少し混ぜた湯で予備発酵させてみた。なかなか泡立たずやっぱり古すぎてダメなんだろうかとあきらめかけたころ、ブクブクと発酵が始まった。何とかいけそうだ。それでもまだ少し不安で、これもやはりずいぶん前のベーキングパウダーを少し粉に混ぜた。ウーさんのレシピにはベーキングパウダーは使われていない。

予備発酵に使った湯の分を控えた水分量にしたが、生地が柔らかくて捏ねる時に手にべたべたくっついた。パンを捏ねる時に捏ねるほどに手にくっつかなくなるのは経験済みだ。それなのに今回は最後まで手にくっついてしかたがなかった。もしかしたら、粉そのものの水分量が多かったのかもしれない。
仕方がないので手に油を塗っては捏ねた。

捏ねる時には難儀したけれども、水分が多かったせいか、蒸し上がりが既製品みたいに柔らかく、饅頭としては上出来だったように思う。

粉200gで小ぶりなのか8個、一度には食べられないので冷凍しておく。

夫が大好きなマルちゃん正麺をいくつも買ってきて、置いてある。あれは確かにおいしいと思うけれど、塩分が多過ぎる。昼ごはんに食べることがあって、そういう時にはできるだけ塩分を落とすために麺を別茹でにし、私の分のスープは半分以下にしてきた。
これからは夫が食べる分、一人前だけ作って、私は饅頭と何かお菜を食べればいいやと思う。手間なんて、どのみちラーメンにのせるハムやゆで卵やホウレン草やニンジン、もやしなんかも用意しているわけだから、それを食べておけばいいのだ。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/664-f76174a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR