FC2ブログ

Entries

プラスチック製の部品

浴槽の循環アダプターの、フィルターを押さえるプラスチックカバーにひびが入っているのを見つけた。ひびが大きくなって割れてしまったら困る。フィルターで髪の毛などが給湯器に入らないようにしないと故障してしまう。部品がないか工事をしてもらった会社へ問い合わせた。当然ながら循環アダプターにも色々な種類があるわけで、実物を見ないと分からないと若い社員さんが見にきてくれた。浴槽のこういう部品は、給湯器メーカーの商品を使っているとは限らないそうで、スマホで写真を撮って、心当たりのメーカーに在庫があるかどうか問い合わせてみると言って帰って行った。

もしなかったらどうしたらいいのかと訊くと、エプロンというのか、横のパネルが取り外しできるタイプの浴槽なら循環アダプター全体を取り替えることができる場合もあるが、取り外せないタイプの浴槽だから無理だという答えだった。取り替えができず、部品もなかった場合、仕方がないからそのまま使ってもらうしかないですという。
部品の在庫が見つかるという幸運を祈るのみだったが、何時間か後に電話がかかってきて、結論から言うと在庫はなかったというのである。

浴室のリフォームをしてから二十年以上経っているし、仕方がないと言えば仕方がない。それにしても百数十万円の費用をかけて工事をしてもらった記憶だ。同じ製品を使ったお宅は壊れてしまったらどうしているのだろう。まさかと思うけど二十年ごとに浴槽を取り替えたりしているのかしらん。プラスチックがそんなに長持ちするとは思えないのに、当時はメーカーもそこまでは考えていなかったのかしらん。何だかなあ。
これ以上ひびが大きくなってどうにも使えなくなる前にと、強力な接着剤を買ってきて、なんとかくっつけた。いつまでもつかはわからないが、とりあえずは何とかなっている。プラスチックでなくて、材質がステンレスのような金属だったらよかったのに。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/660-80275320

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR