FC2ブログ

Entries

食事中の塩分計算

健診の結果クレアチニンの数値が高かったので、食事の塩分を考えてみた。
本当に腎臓病になってしまったら、食事中の塩分をきちんと計測しないといけないだろう。まだそこまで進行してはいないが、病気になる前に用心しておくに越したことはない。

試しに本日の食事中の塩分計算をしてみた。

 (朝食)
○コーヒー リンゴ一個 きな粉かけヨーグルト
 塩分は0 (ヨーグルトにはナトリウムとして表示があった。2.54倍量が塩分に相当することを後日知った(;^_^)

 (昼食)
○いろいろ野菜のスパゲッティ
茄子、タマネギ、人参、しめじ、トマト、ピーマンなど(野菜には塩分0)をオリーブ油で炒めて水を入れずに煮込む。
4枚入りのベーコン1袋(塩分0.9g)スープキューブ1/2個(塩分2.5g/2)ケチャップ30cc(塩分1.0g)を入れた。塩分の計は3.15gだが、これは二人前なので、一人前は1.57g。
食べるときに粉チーズを小さじ一杯(塩分0.24g)をかけた。

今回、袋入りの食品に表示されている塩分量を確かめてみて気がついたが、他の麺類と違ってスパゲッティには塩分が含まれていないらしい。
 昼食の塩分は計1.8g。

 (夕食)
○味噌汁 大根、しいたけ、油揚げ、豆腐 味噌(一人分10gで塩分1.1g) 
○茄子とアスパラガスの焼き浸し 
つけ汁は創味のつゆの素(一人分14ccを6倍に薄めた。塩分2.3g。ただしつけ汁までは飲まないのでもう少し少ないはず)
○大葉とマグロの細巻き寿司 
寿司酢に塩は入れなかった。つけ醤油は2.5cc(塩分0.5g)
 夕食の塩分は計3.9g。

一日の合計は5.7gだった。
理想的な塩分量は一日5gだそうだ。もう少し減らす方向で考えよう。今までも薄味を心がけてきたつもりでいたけれども、きちんと計算してみると薄味にしているつもりだけだったのかもしれない。
いくら塩味を薄くしても、全体量が多ければ塩分量は増えるのだから、食べ過ぎには注意しなくてはいけない。
塩分の問題とは別に、もう少しタンパク質をとった方がいいかもしれないと思った。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/645-2b3f5fd7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR