FC2ブログ

Entries

検診結果

毎年国保の検診を受けてはいるが、つい腰が重くなって先延ばしにし、いつも3月の期限ぎりぎりになってしまう。自分の健康を過信しているからではなく、むしろその逆だ。検査の結果からいろいろ言われるかもしれないと気が重いのだ。
今年もやはりぎりぎりになってからかけ込みで受診した。

2週間たって、結果を聞きに行ってきた。
去年に比べて体重が2㎏、腹囲がウン㎝増えていることは検診当日に分かっている。それでも血圧が正常値に収まっていたから、今年も何とか無罪放免かと思っていたら、肝臓と腎臓の働きを示す数値が基準値を超えていると指摘された。病的というほどではないが、一応エコー検査をしておきましょうと。結果的には特に腫瘍ができている様子もなく、それでも心配だから今後は半年ごとに血液検査をして下さいと言われた。
基準値を少々超えたくらいなら、実はそう心配することはないような気がしている。だいたい基準値そのものが、検査機関で違っていることもあるようだし、数字にこだわるのもなんだかなあと思うが、心配していただけるのは有難いことなのだろう。
油断していて手遅れになるよりはましだし。

原因は多分食べすぎだ。特に甘いもの。
夫が買い物好きで、食品全般常に多量の買い置きがある。賞味期限が気になって、勿体ないからと食べてしまうのがよくないに決まっている。わたしはクッキーなど食べだすと止まらない人間なのだ。

家へ帰って夫にかくかくしかじか、ついては今後は甘味断ちをするつもりゆえと宣言した。
あなたまで付き合ってくれなくてもいいから、どうぞ自分で買ってきたものは好きに食べてください。目の前で食べられても、我慢するくらいのことは大人だからできます。
今までに買ってきたものを一人では食べきれないと思ったら、どうぞ知り合いに差し上げてと言ったら、翌日親戚のお宅へ袋菓子をどっさり運んでいったようだ。子供さんが集まるからさばけるそうだ。やれやれ。

食生活全般を見直して、半年後の検査結果を楽しみに、ついでに体重も少しは落としたいと思っている。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/644-1f53a638

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR