FC2ブログ

Entries

「64(ロクヨン)」を読んだ

横山秀夫「64(ロクヨン)」(文春文庫)を読んだ。警察を舞台にして描かれた人間ドラマの傑作。TVドラマにも映画にもなって話題を呼んだ作品のようだが見ておらず、今回本を読んでその面白さに触れた。

未解決のままの十四年前の誘拐事件が後を曳いている中で、中央からのキャリア官僚と地方のノンキャリアの軋轢、警務部門と捜査部門の抗争、さらにメディア関係者との摩擦、その中でもみくちゃになりながら広報官の三上は奮闘を続けていく。ずば抜けて優れた警察官ではない。思考を巡らせ推理はするが、不明なことは多く、行き止まりも多い。家庭的にも一人娘の家出という問題を抱えているのだ。
そうした日々に並行して新たな事件が起き、結果的にその混乱の中から十四年前の事件解決につながる一筋の光明がさしてくる。

それぞれの登場人物の人となりや背景が描き分けられていて、人間関係がしっかりと構築されているから、話の筋立てに無理がないように感じられる。まさに力作。

この小説の本筋にはあまり関係のないことではあるが、少し気になったこと。
鬼瓦と評されるような醜男の三上は、署内でも有名な美人だった婦警を妻にした。美人過ぎた妻には逆恨みで友人に自殺されたという過去がある。さらには父親に似た容貌を嘆き、母親には嫉妬と敵意をむき出しにして、家出してしまった娘がいる。安否は最後まで分からないままだ。
キャリア官僚の若い課長が、会見の席でメディアの人間に突き上げをくらいながらも頑張ったのは、美人婦警のせいだと笑われたりする。
人の外見など年を取るにつれて変化するものなのだ。そう思っているので、容貌の美醜がもたらす結果がはっきりと書かれている点に少し引っかかった。個人の感想とは別に、人間心理の分かりやすい説明にはなっているのだから、それはそれでいいのだろう。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/643-ae7db4d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR