FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/635-4822863e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アフガン編みのこと

あまり毛糸の処分を考えていた時、インターネット上で目にしたブロックアフガンを目にして、面白そうに思って編み始めてからこちら、アフガン編みをすることが多くなった。

二十年近く前にアフガン編みをしてみようと考えたことがあって、編み針と編み方の基本の本を購入した。一番基本になるプレーンアフガン編みを練習したが、どうしても編み地が丸まってしまって上手に編めなかったので、投げ出してしまった。
日本ヴォーグ社の「アフガン編みー記号の見方から作品づくりの仕上げまで」という本には、「バランスの良い編み地を編むコツは、往きはゆったりとした感じに糸を引き、もどりは針の太さいっぱいに糸をきつめに引くことです」と書かれている。自分ではそうしているつもりでも、やっぱりうまくできなかった。
棒針で編む場合でも、表編みだけの平編みだと蒸気で編み目をととのえないうちは丸まってしまうのだから、ある程度は仕方ないのだろうかと思うものの、バランスの良い編み地の見本の写真はすうっと平らになっている。腕前の違いに相違ない。
そのうち練習しようと思いつつ、他にも興味がわくことがあっていつか編み針もしまい込んでしまっていた。

この間図書館で「NHK婦人百科 アフガン編み」(甕 邦子著)を借りてきた。丁寧ないい本だと思う。
この本の中に「美しい編み地のつくり方」という項があって、
「…往路を編むときは、針が2本通る程度に糸を引き出すことが大切です。編み始めの目を引き出したとき、針がもう一本入るくらいのゆとりをもたせてループを引き出し、2目めからはその編み目の高さにそろえて糸を引き出すと往路の目が整然とします。…」
と、書かれていた。これはコツの具体的な表現であって、分かりやすく、有難い一文だった。
「…棒針編みの場合と同じように、針にちょうどよいループの状態で往路を編むと、復路の鎖が編み込まれたときにきつくなる…」
とも書かれているが、棒針編みに慣れている人間は特に編み方を意識したほうがいいようだ。

練習して上手に編めるようになったら、セーターなども編んでみたい気がするが、最初は小物からにした方がいいかもしれない。

アフガン編み

残っていたポイントの期限が迫っていたので、ダブルフックアフガン針を手に入れた。貰い物の黒い並太毛糸でベレー帽を編んでみたけれども、黒色は目が疲れることを痛感している。
ダブルフックアフガンは輪編みをするのに都合がいい。甕先生の本で往路はループをゆったりと引き出すのがいいと分かったので、それならアフガン針でなくても、昔ながらの金属の両かぎ針でも、使いようによっては編めるのではないかと思いついて、試しに編んでみたらちゃんと編める。
ネットで「アフガン編み 両かぎ針」で検索してみたら、他に何人もこの方法を思いついた方がいらっしゃるようだ。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/635-4822863e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。