FC2ブログ

Entries

「マークスの山」

 今更ながらだけれど、高村薫著「マークスの山」を図書館で借りてきて読んだ。決して少なくない登場人物の数にもかかわらず、それぞれの人物とその入り組んだ関係の描写が細かい。綿密な描写にこだわると全体の構成がどこかで破綻してまとまらなくなりそうなのに、それがない。こういう小説を書くことができる人の構想力は凄いと思う。

 小説が面白かったので、レンタルDVDの店でドラマ化されたものを借りてきた。この作品は映画化されたこともあるそうだが、そちらはレンタル店になかった。
 WOWWOWで製作されたドラマのようなので、普通の地上波テレビでは見られなかったはずだ。

 ドラマは全5話にまとめられている。人物間の因果関係をより密接にしてコンパクトにまとめようとしたのか、原作の筋立てとは違っているところが結構ある。
 マークスを名乗る犯人の若い男が原作では明らかに精神に問題がある男になっているのに、ドラマでは幼い頃に母親に虐待を受けた可哀そうな子になっている。これは少々ウエットな描き方だと思った。
 
 私としてはやはり原作の方がおもしろいと思ったのだが。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/61-83e61e52

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR