FC2ブログ

Entries

業務用ドレッシング

漏水を修理してくれた業者さんと、休憩時に茶飲み話をしていた。相手の家族のことを聞くと、高校生から小学生まで子供が4人と妻と母の7人家族だという。

夫がまとめ買いしてきた業務用のドレッシングがある。賞味期限が12月までで、二人だけではとても消費しきれない。大人数の家族なら業務用でちょうどいいでしょう、味も悪くないから一本どうぞと差し出した。ところが相手は受け取るのを逡巡している様子だ。遠慮しているのかと思えばそうでもないらしい。

「いやあ、こういういいものを貰っていって子供がおいしい味に慣れてしまうと、いつものドレッシングでは食べなくなりそうだから」
ちょっと間があってそういう言葉が出た。
一応メーカー品の胡麻ドレッシングだが、1リットル入り400円のセール品だ。一般的な家庭用容器のものに比べればかなり安いと私たち夫婦は思っていたが、それでも割高に感じる人もいたのだった。

子供たちがただでさえ食べ盛りの年齢の上、運動部に入っているので女の子でも食べる量がハンパではないのだとか。一ヶ月当たり米の消費量が40kgだそうだ。カレーは何とかガス台にのる大きさの寸胴鍋で作る。そうめんを茹でる時も、湯がいた大鍋をよっこらしょと持ち上げて流しに運ぶのが力仕事だという。
食費を少しでも安くあげようと、業務用スーパーや激安店へ買い出しに行くのは日常的なことだ。ドレッシングも当然業務用のものを買ってくるが、味よりも値段で選ばざるを得ない。

自分の昼ご飯も外食なんてとんでもないです、スーパーで何か買ってきた方が安上がりだ。
笑い話のように業者さんは言った。あと五年もすれば子供が独立し始めるからそれまでの辛抱です、と。

私たち夫婦も庶民だ。子供がいないので生活費のやりくりは比べものにならないに違いないが、大変さは見当がつく。
「食べ盛りの子は質より量で食べてもらって、大人が食べればいいから」
と、押し付けるように渡した。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/600-2ff0fed9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR