FC2ブログ

Entries

「王とサーカス」を読んだ

米澤穂信「王とサーカス」(東京創元社)を読んだ。

この本は、2001年にネパール王室で起きた悲惨な事件を題材にしている。実際に起きた事件だそうだが、私は知らなかった。それほど遠い昔のことではないはずなのに、ニュースで騒がれていたという記憶も残っていない。
身の周りの狭い範囲以外、世界情勢も他国の重大事件も、雑多なニュースと一緒くたにして聞き流してしまっていたのだろうか。
ネパール政府の当時の公式発表も簡単なものだったようだ。国情不安を招かないように神経を尖らせていたのだろうから、そもそも重大事件として世界中にニュースを配信され、動向を注目されたくなかったのかもしれない。いまだに事件の詳細は明らかにされていないらしい。

主人公は一人のジャーナリストとして、人間として、あるべき姿に思い悩む。この世の混沌はニュースとして伝えられるかたわらから、人々に忘れられ風化していく。それでもなお事実を伝えたいと希求する自分は何なのか。
たまたま訪れていた異国で遭遇した大事件を取材する中で、彼女を取り巻く人物と関わりあいつつ、主人公は自問自答を繰り返す。その内面描写が作品に奥行きを与えている。ただのミステリーではない。

同じ作者の短編集「満願」も人間心理に切り込んだ秀作だったと思う。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/594-ff900d08

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR