FC2ブログ

Entries

無題

普段予定がない生活をしているので、ここ二日ばかり歯科の予約や図書館の本の返却日と、すっかり忘れていた特定健診の受診が重なっただけのことなのにあたふたしてしまった。

特定健診はそのうちそのうちと先延ばしにしていたが、3月末までに受けなくてはならないのだった。
内心では特定健診にどれほどの意味があるのだろうと思っている。成人病の予防には役だっても、すでに体に潜んでいる重篤な病気がそれで見つかるとは思えない。
十年以上も前に、健診の結果コレステロール値が高かったので薬を飲むように進められ、今も飲んでいる。女性の場合更年期を過ぎるとホルモンの関係で急にコレステロール値が高くなる人が多く、それほど心配する必要はないという意見があるが、本当のところどうなのだろう。薬は時期を見て止めることもできるのだろうか。

図書館で池田晶子さんの本を借りてきた。この方のお名前をまったく存じ上げていなかった。哲学の本を何か読んでみたいと思ってAmazonで探していたら、名前が出てきた。「14歳からの哲学 考えるための教科書」という2003年に発刊された本はベストセラーになっていたらしいのに、当時はベストセラーに興味がなかった。
中学生を対象にして説いた哲学なら、私にも分かるかもしれないと思って探したが、なかったので別の本を借りた。
年譜を見るとずいぶん若くして亡くなられている。優れた人は早生するものなのか。
一緒に米原万里さんの本も借りてきた。こちらも波乱の多い人生を早々と切り上げてあの世へ旅立っていかれた方だ。
池田さんも米原さんも癌だったそうだ。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/563-f8ef582e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR