FC2ブログ

Entries

次男・三男の嫁の不満

都会ではよほどの資産家でなければできないと思うが、郡部では今でも、そこそこの土地持ちは結婚が決まった二男・三男のために、所有する土地の一部に家を建てる。そういうことが割によくある。次男や三男は新婚生活をそこから始めるわけだ。建物の建築費用だけで住むので負担が大きくないのと、財産分けの意味があるようだ。いわば相続分の前渡しである。

家があるから家賃もいらず、自分達だけの生活だから気楽で、親の老後の面倒も長男任せでよかったので、次男・三男の縁談は有利だった。若い娘はたいてい親付きの長男とは結婚したがらなかった。私の知り合いにも家付きの次男や三男と結婚した人が何人かいる。

家賃が要らずローンを組む必要もなかったわけだから、自分達で家を建ててローンを組んだ人にくらべれば余裕があったはずだ。ところがそのうちに親が亡くなると、既に財産分けをしてもらっているからというので、相続放棄を迫られることになる。そこで面白くないのは二男・三男の嫁で、「お義兄さんだけが沢山もらって、自分達は息子に家を建ててやることもできないのに、あちらでは息子に家を建ててやったり車を買ってやったり、裕福な暮らしをしている」と不満が出てくる。相続が不公平だというのだ。そういう愚痴を実際に耳にしたことがある。

次男や三男である夫自身に不満がなければ、妻が口を出すことではないではないか、嫁には相続権がないのだから。自分が親から相続するときに公平に分けるように主張すればいいだけのことだ。

あなたも長男に嫁いで舅姑と同居して、決して気楽とは言えない生活を続けて、舅姑の体が弱ったら世話もして、夫に沢山残して貰ったらよかったのにと、口には出せないが内心で思った。自分だけが損しているなどと思わない方がいいと思うのだけれど。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/556-8d6e43d9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR