FC2ブログ

Entries

子育ての心配

親戚の女性が、赤ちゃんのオムツ替えについて、自分たちの時代より間遠になっているように感じていると漏らしていた。私と同年配の人である。私自身は子育ての経験がないのでよく分からないが、もしかしたら布オムツと紙オムツの違いかもしれない。
私たちの年代の女性が子育てしていたころは、布オムツがほとんどでおしっこの吸収量は多くなかったはずだから、それこそ夜中でも濡れたと思ったら取り替えなくてはならなかった。最近の紙オムツは吸収量が多いので、その度に取り替えなくても大丈夫かもしれない。それでもできるだけ早く取り替えた方が赤ちゃんも快適ではないかという気はするけれども。

オムツの取り替え回数のせいかどうか、お孫さんはもうそろそろオシッコとかウンチとか教えてもよさそうな年になっているのに、オムツが汚れたままでも教えないそうだ。トイレトレーニングになかなか進めないことを内心では焦りつつ、姑根性と言われたくないため、黙って見ているそうである。
よその子と比べても仕方がないが、オムツが汚れた不快さを教えないのはお孫さんの言葉が遅れているからではないか、まさかと思うが発達障害ではないだろうかと、心配が募る時があると言っていた。
一方でそういう心配を口にすることで、万が一にもお嫁さんを追い詰めるようなことになってはいけないから、黙っているしかないということのようだ。

子供であれ孫であれ、成長するまで、あるいは成長しても気が揉めるのが親心というものか。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/550-8ac6174b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR