FC2ブログ

Entries

勉強は嫌い

昔は速読とまではいかないが、本を読むのが早かった。年をとると集中力が続かなくなるせいでなかなか読み続けることができないと思っていたが、そうでもなくて、面白い本はやっぱり読み進めることができるようだ。読み続けることができない本は、自分にとってはそれほど面白くないかららしい。知識人なり読み巧者なりの評価がよくても、自分が惹かれないものは正直なもので速度が上がらない。

なかなか理解できないものを、勉強するつもりでノートを取りながら読むなどということをするのはやっぱり苦痛なのだ。いまさら学校でするような勉強はしたくないという感じ。
いろいろ読んでいるうちにたまたま面白く感じたり興味がわいたテーマについては、関連する本を探して読む、そういういきかたの方がいいのかもしれない。

何事も楽しんでする方がいいにきまっているのだから、無理矢理することはない。自分はもう学生ではないし、学生に戻りたいと思っているわけでもない。
勉強する姿勢は教わる姿勢につながるから、熱心にするほど自分の思考を停止させて、吸収したことをそのまま自分の知見と思い込みやすくなる。そこは気をつけた方が良さそうだ。

というわけで、最近また楽しみのための読書でミステリーを読んだ。スウェーデンのカミラ・レックバリの「死神遊び」、(エリカ&パトリック事件簿)というシリーズものの中の一冊である。夜寝しなに布団の中で読んだ。読んでいるうちに引き込まれて幾晩かついつい夜更かしした。
このシリーズは他にも何冊か邦訳されているみたいなので、読んでみようかなと思う。こういう本は読んでもしばらくすると内容を忘れることが多いが、推理小説マニアではないし、記憶に残らなくてもそれでいい。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/540-863ec390

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR