FC2ブログ

Entries

ノラ猫さん

 二ヶ月くらい前から我が家の庭に新顔の野良猫が姿を現すようになった。どういう素性の猫なのか、結構可愛い顔をしているのに声はがらがら声(よくいえばハスキー)の雌猫である。注意しているとどうやらお腹がだんだん膨らんでくるようで、これは困ったと思った。家の敷地内で生まれても放ってはおけないし、他所で生んで少し大きくなってから子猫連れで来られるようになっても、どちらにしてももう3匹いる我が家ではこれ以上どうしてやることもできないから、困ってしまう。

 迷いに迷った末に猫ボランティアさんからトラップ・ゲージというものを借りて捕まえ、紹介された獣医さんに頼み込んで手術をしてもらった。やはりお腹が大きかったようで手術跡も大きくなったため3日ほど余分に預かってもらってから引き取り、リリースした。
 
 その際に感じたことなのだけれど、猫ボランティアさんも色々迷いながらしていらっしゃるのだね。
 野良猫はTNRをする方がいいことは分かっていても、表立って協力してくださる獣医さんはまだまだ多くはない。洗濯ネットに入れて連れてきて貰えば野良猫でもしますと言われても、野良猫を一体どのようにしてネットに入れることができるのか、つまり体のいい断りなのかもと思う。
 飼い猫・野良猫の区別なく不妊・去勢手術に行政から補助がでるといっても、指定動物病院が限られており、一般的にそういうところは施術料金が高めなのだ。飼い猫の場合はそれでも納得するしかないけれど、何頭もの野良猫をしてもらう場合は、とにかく手ごろな料金でしてもらえるところということになる。そうしてそういう病院は予約で一杯になっていて、捕獲したからといって簡単に連れて行くわけにはいかないようだ。
 獣医さんの方にも色々事情があるのだと思う。野良猫と偽って飼い猫を連れて行く人もあるそうだ。好意で安くしているのにそんなことが続いたらかなわないではないか。
 
 猫ブログをよく読む。猫の保護ボランティアさんのブログもよく読む。そういう方々のところへはしょっちゅう保護依頼があるようだ。誰かがやってくれると思う人は多いのだろう。分かっている人はそんなに甘いもんじゃないと思っているはずだ。
 
 もう本当に、ごく一部の運のいい野良猫だけが人に拾われ可愛がられて生きていくことができる、ような気がしてきた。
 
 件のリリース猫は時々掃きだし窓から家の中を覗いて顔を見せてくれる。人間にひどい目に合わされたと用心しても良さそうなのに、人懐っこい猫なのかもしれない。何となく申し訳ない気持ちになって、つい餌の用意をしてしまう。
 
 
  
  
 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/53-51a9c025

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR