FC2ブログ

Entries

見込み違い

毛糸の帽子が編み上がったので、弟に電話したところ、既に複数購入済みだそうだ。あらま。それでは自分で使うことにしよう。
かぶって鏡を見たら、どこかのお婆さんみたいだった。確かにお婆さんには違いないが、地味な色のせいもあってか、頭の中で思い浮かべている自分の外見より老けて見えてがっくりだった。
夫に「いらない?」と尋ねたら、言下に「いらん」と。
自分では残り毛糸を利用できてよかったと思っていたのに、時にはこういう具合に思惑はずれの骨折り損をすることもある。時にはどころか、人生には見込み違いの方が多いのかもしれない。
気を取り直していこう。

年末に友人と会って話していた時、金銭に対する考え方にかなりの違いを感じた。生まれ育った環境の違いのせいだろう。友人は中小企業ながらオーナー社長の娘で、私は現金収入の少ない農家の生まれだ。お金は使うものと思っている友人と、使わないで貯めておくものと教えられて育った私とでは金銭感覚が違うのが当たり前だ。

友人は親から受け取った遺産の大半を、自分が住むための不動産を買うのに費やした。過去のバブルの時代なら値上がりして資産価値が増大するということも考えられるが、今の時代はどうなのだろう。場所柄や人気物件かどうかにもよるのだろうが、よほどの物件でない限り築年数が古くなるにつれて値下がりしそうな気がする。例えばこの先施設に入居する必要が起きた時など、不動産を売却して費用に充てることになったら値下がりは困るだろうと思う。それほど値下がりしないはずという見込みがあったにしても、私ならそんな度胸が必要なことはできない。恐くて尻込みしてしまうに決まっている。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/520-a6766cd5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR