FC2ブログ

Entries

門扉清掃  12/27

雨上がりで門扉が濡れているうちに拭いて土埃を落とした。門松を飾るのに埃だらけでは、やはり格好がつかない。
我が家の門扉は横桟なので、埃がたまりやすい。縦桟だと埃はたまりにくいのではないだろうか。
元の古い門扉は鉄製だった。時々塗り替えていても、塗装がはげたところから錆が出るようになり、そのうち蝶番がきかなくなって、20年ほど前に取り替えて貰った。舅も夫も大して興味がなかったらしく、私がカタログの中から良さそうなものを選ばせて貰ったので、掃除がしにくくても文句は言えない。縦桟にしておけばよかったと、今になって思う。

縁戚に当たる人で、京都へ嫁いだ人がいた。相手が長男だったため、親と同居の二世帯暮らしだったそうだ。周りに板塀がめぐらしてあるお宅で、結婚したばかりの年末に、お姑さんからその板塀を清掃するように言いつけられたという。
京都の冬は底冷えがして寒いとよく聞く。その中で水を使って洗うか拭くかするのは大変だったことだろう。お姑さんの意地悪に決まっていると、本人は言っていた。
もんぺ姿で凍えそうになりながら外で水仕事をし、先が思いやられて辛くて泣きそうになっていたら、義理の弟さんに「そないなもん、水かけて濡らして洗いました言うといたらよかったんや」と笑われたそうだ。

色々あって、ご主人がまだこれからという時に亡くなられた後、実家のある名古屋へ戻って一人で暮らしていた。

年末になると、そんなことを何となく思い出す。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/513-4f851c0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR