FC2ブログ

Entries

残り物野菜のきんぴら  12/25

鍋物の季節で、春菊をよく使う。スーパーで売られている春菊は側枝の先に葉がかたまってついている状態で摘み取ったもので、茎の部分がある。茎の部分ももちろん食べられるから鍋に入れてしまって構わない。我が家では茎の部分だけは残してためておいて、人参などありあわせの野菜と一緒に、千切りにしてきんぴらにすることにしている。茎の量などしれているから、ほとんど箸休め程度のものだ。

最近は無水料理風に作っている。材料全部の重さを量って鍋に入れ、0.8%の塩分量に相当する醤油と、砂糖を少々と酒を入れる。例えば材料が200gだったら、その0.8%は1.6g、醤油の場合はおよそ20%が塩分なので5倍の8g、つまり8ccの醤油を使う。砂糖や酒は好みでいい。
蓋をしてごく弱火にかけると、火が通るにつれて水分が出てくる。頃合いを見計らって蓋を取って、混ぜ合わせながら水分をとばし、最後にごま油少々を加えて照りをつける。
最初に油で炒めてから調味料を入れて、普通に作った方が歯ごたえが残って美味しいはずだが、歯が悪いため柔らかめにしたいのだ。

蓋をして中が見えないため油断すると焦げ付かせてしまう。
実は今日作ったのだが、弱火にし忘れて焦げ付かせた。こういう作り方は人には勧められない。じゃあこんなところに書くなということになるけれども、今日は書くことが何も頭に浮かばなかった。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/511-eab0036d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR