FC2ブログ

Entries

片付け仕事  12/18

あちこち痛いと言いつつ、今日はキッチンワゴンを分解した大きな部品を、不燃ゴミ用の袋に入るように金鋸で切った。これで次の収集日に出すことができる。

分解したのは三四日前のことだ。古くなって使わなくなったワゴンの網かごを取り払い、庭で使う雑多な物の置き場用に軒先に置いてあった。最後にはホームレス猫の冬場のねぐら用に発泡スチロールの箱を据えていたりしたが、使ってくれないので処分することにした。その時もネジが錆び付いていてなかなか外れず、KURE5-56を使ったり、貫通ドライバーを使って金槌で叩いてみたり、やっとのことで作業を終了した。物音に驚いて塀越しに様子を見に来たお隣のご主人が「女の人が・・・」と何か言いかけて黙った。わかっております、我が家には男手もありますが、こういうことはどういうわけか私の役目でございます。

そう言えば、友だちはシロッコファンの掃除は旦那の仕事と言っていたっけ。
リフォームする前の古い台所で水道の蛇口の水漏れが、パッキングやケレップという部品を取り替えるだけでは収まらなくなった事があった時、結局蛇口全体を取り替えたのも私だったわよね、夫。

DIYが趣味というわけではなく、ただ必要があるときに切ったり叩いたりしているだけだ。手に負えないことは一杯あって、そういう時は業者さんを頼む。
トイレの手洗い器の水漏れを自分で直そうとしたら、部品が特殊で手に入らず、メーカーに依頼して業者さんに来て貰ったことがある。本職の仕事をかたわらでずっと見ていたら、「普通の奥さんはさっさと居間へ引き上げますよ」と言われた。私は本職の人の仕事がおもしろいから見ていただけなのだが。奥さんはそんなことは人任せにして、見守ったりしないのが普通なのかもしれない。

同居の男にこういう仕事全般を引き受けてくれる人がいると、さぞ助かることだろうと思う。


関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/504-7398dabe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR