FC2ブログ

Entries

手紙

若い頃はよく手紙を書きました。今みたいにパソコンはおろか、ワープロもなかった時代です。手書きでした。コクヨのごく普通の縦書きの便箋を使っていました。うすい緑色の表紙のです。
 今でもそうですが文章を書くのは得意ではなかったです。誤字脱字のたびに書き直しをしたり、言いたいことがうまくまとまらなくて文面そのものを書き直したりして、一通分、数枚の手紙を書くのに便箋を一冊使ったりしていました。〈書けなくて原稿用紙を丸めて放り投げる小説家〉を気取っていたわけではないです。何度も書き直しているうちに、自分の考えが次第にまとまってくるような気がして、そのために手紙を書いていたような気がします。
 宛先はそのころの数少ない友人の1人でした。でも私の書き送った手紙は、どうしてもその人が相手でなくてはならないという内容ではなかったので、友人としてはただ読むしかなかったのでしょうね。返事はほとんど来ませんでした。文章によるキャッチボールができなくて、言ってみれば私のほうが一方的にボールを投げてばかりいたような状態で、虚しかったです。今から思えば独りよがりのお馬鹿さんだっただけのことですが。
 
 現在では個人的な手紙を書くことはほとんどありません。パソコンを始めたころ、ものめずらしくてメールのやり取りをしたことは何度かあります。手書きと違っていとも簡単に、何度でも書き直すことができるので、とても気軽でした。文の内容まで気軽なもので、でもこれは年をとってもはや深刻に考えることが面倒になってきたせいなのでしょう。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/5-e4d1a17c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR