FC2ブログ

Entries

玄関先で  10/29

春先に出先で倒れて緊急入院・手術をした知人は一命をとりとめ、長いリハビリ期間を経て、歩くことができるようになった。
今日息子さん夫婦と一緒に全快祝いを持って挨拶にみえた。ずいぶん痩せたように見えたが、私が病院へ見舞いに行った時には言葉を口にすることもできなかったのに、今では普通に話すことができる。歩くのも何とか自力でできるそうだ。驚くほどの回復ぶりで本当に良かった。さすがに一人暮らしはもう無理なので、今後は同じ市内でも離れた地区の息子さん一家と同居することになったそうだ。

その人の入院を知らせてくれた近所の奥さんもやってきて、三人で立ち話になった。全快の挨拶に来た知人が立ち去ってからも、奥さんと長い立ち話になり、そこへまた、最近外壁塗装をした家のご主人も通りがかって、その話題になった。もうこの先長くないのに、家をいじっても仕方がないと言っていたご主人である。

8月末のことだったか、我が家の郵便受けにも、排水管高圧洗浄の業者のビラが投げ込まれていた。築年数の古い我が家では、高圧をかけたりしたら、かえって排水管を傷めてしまうに違いないから依頼はしない。
どうやらご主人の家では頼んだらしい。我が家よりはずっと新しい建物だ。ところが高圧をかけたところ排水管に問題があることがわかって洗浄は中止になり、暫くして屋外の排水管を全て取り替える工事が始まった。それが終わったら今度は外壁塗装をすることになり、足場が組まれた。ご主人が仰るには、一連の工事について妻から何の相談も受けておらず、何も知らないでいたら突然に業者が来て工事が始まるので驚いたのだと。

もちろん、それぞれ家庭の事情はいろいろあるに決まっている。そのお宅は外から見る限り、奥さんは控えめで大人しく、大きな出費が必要なことはご主人が決めているように思っていた。何の相談もなく工事を依頼したと聞いて、へえっと思った。普通は奥さんが家計全てに責任を持っていても、夫に相談くらいはするのではないかと思うのだ。意外なものだ。

後でちょっと思った。そのお宅でこの先もあれやこれやの工事があるようだと、高齢者の事でもあるし、別の心配がありはしないだろうか。まさか、そんなことがなければいいが。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/454-2954e47b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR