FC2ブログ

Entries

老人会  9/30

老人会の活動に熱心な人がいらっしゃる。行動的で集団のトップに立つタイプの女性である。
一度町内会の交通委員を務めたことがあり、たまたま老人会と合同で警察の交通課の人の話を聞く会があったときに出席した。その会合での仕切り方といったら、堂々としてお見事だった。

活躍の場が広い人で社会福祉協議会や赤十字の役員も兼ねているため、毎年募金集めのための訪問を受ける。わりに近くにお住まいの人なので、顔見知りだ。

65歳になったころ、私も老人会のお誘いを受けた。老人会に参加する人が少なくなって一定の人数を割ることになると、行政からの補助が出なくなるからと言われた。そういう事情は事情として、私に直接の関係はないことだ。65歳で老人会はまだ早いと思ってお断りした。その後も顔を見る度に誘われ、少々気詰まりな思いをした。

老人会の他の会員さんから誘われたことはないので、その人が特別に熱心なのだろうと思う。老人会の活動を含め地域活動はその人の貢献による所が大きく、その人にとっても地域活動は生きがいになっているから切り離せない関係なのだと思う。

この頃はもう誘われることもない代わりに、道で会っても会釈だけだ。

老人会などは親睦会のはずで参加は自由なのだし、団体としての体裁が先行するよりもっと緩やかな人の輪であってもいいように思うけれども、行政からの補助を受けて存続をはかるために、のんびりしたことを言っていられないのだろうか。
そもそも団体に所属するのが好きではない上、私には老人会の意義というものがまだよく分かっていない。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/425-2ebb78b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR