FC2ブログ

Entries

今夜から一人で猫と寝る  9/25

何日も続いた雨がやっと上がり、今日は朝から晴れた。
洗濯物とふとんをベランダに出して、陽にあてる。暦の上ではもう秋に入ったのだろうか。気分はまだ夏の終わりというところだ。

午前中に高校時代の同級生から電話があった。
やはり同級生だった男の人から、同窓会の案内の件でと留守電が残っていたが、あなたの所へも同窓会の案内といって電話がかかったかと聞かれた。私はそういう電話は受けていない。
もともと親しくなかった上に長い間会ったこともなく、今ではほとんど見知らぬ他人も同然の人が突然電話してきたことが、彼女にはどうも引っかかるようだった。同窓会を口実に何かの売り込みや勧誘をされるのではないかと用心しているらしい。
留守電を残したという男子の名前を聞いても、私には顔が思い出せない。二人であれこれ検討した挙げ句、もう一度かかってきたら話だけ聞いてみると言って、彼女は電話を切った。後で別の同級生に尋ねてみたところ、その人のところにも同窓会の電話はないそうだ。ただし、成人後のその男の人を知っているが、怪しい人ではないと思うという意見だった。

ふとんを取り込んだら、夫が今日からは自分の部屋で寝ると言う。
暑い盛りは冷房を入れるため、夫と同じ部屋で休んでいたが、猫まで三匹とも集まってくる。猫たちは私のいるところに集まるのだ。そのうち一匹、夜中にベランダへ出たいと騒ぐ猫がいる。夫の寝ている枕元が出入り口に近いので、その度に夫が起こされることになる。自分も夜中にトイレに起きるため、猫に起こされるのと重なると眠れないのが原因のようだ。

他の季節はそれぞれ別の部屋で休むので、私が毎晩夜中に猫に起こされる。夏の間は夫に変わってもらって楽ちんだった。今夜からは元通りだ。
一人だと夜遅くまで本を読んでいても、電気スタンドの明かりを気兼ねしなくてもいいから、私の方も気楽といえば気楽だ。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/420-acce4d86

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR