FC2ブログ

Entries

コンプレックス  9/17

古い知り合いが自分のことを堅実な良妻賢母と思っているようで、子供の学資のために家計をやりくりして、自分の洋服は親戚のお下がりですませるなど地道にやってきたと、自慢気に言った。
若い頃、その人の持ち込んできたものをおそろしく安い仕立代で引き受けていた私は、黙って聞いている。子供にお金がかかる以前から、その人はよく言えば堅実だった。既製服の残布らしい端布を持ち込んできて普段着を縫って欲しいと言われた。普通なら人に頼まずに自分で縫う程度のものだ。一枚や二枚ならと嫌な顔をしないで縫い、そういう物でお金は取れないから気持ちだけ受け取った。けれどもその後も何枚も持ち込まれて、遂にかなわなくなったので断ったら、「何にもしていないと人間は駄目になる」と叱られたことがあった。苦笑するしかなかった思い出だ。
自分を堅実だと評価して欲しいのだろうと思うが、その裏返しの気持ちからか、外見にうつつを抜かしている人のことを暗にさげすんでいるような気がする。自分基準で考えるところはちょっと、と思う。

私だって旅行にも行かず、奥様同士のランチにも行かず、着る物にも化粧品にもお金をかけず、それなりに堅実なつもり(ただの吝嗇だ)でいるけれど、その人は人のことは評価しない。別に評価されるようなことでもないからいいけど。

もしかしたらと思うのだが、その人にとっては、若い頃から異性の目を惹くことがなかったことが、複雑な感情の原因になっているのかもしれない。私自身美人でもなく、それをカバーして着飾るだけの経済的な余裕もない時代を過ごしてきたので、理解できる気がする。それでも自分は自分と思っているのと、人づきあいが少ないので、他の人のことは気にせずにやり過ごすことができているから、深いコンプレックスは感じていないだけだ。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/412-a552cb88

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR