FC2ブログ

Entries

台風  9/8

ニュースでは、台風13号が明け方にかけて東海地方に最接近と言っていた。昨日の夕方は窓の外にかけてあった日よけのシェードを全部外して片付けておいた。雨だけならともかく、風が強くなってあおられて飛ばされては厄介だと思ったのだ。

小心者なので、台風が近づいていると聞くと、建て付けが悪いため普段は閉めない雨戸を閉めてまわり、物干し竿を下ろし、植木鉢を風の来ない建物の陰に寄せておいたりする。ご近所がそれほど用心はしていなさそうな中で、早々と準備をすませて待っていても、結果的に台風がそれていって拍子抜けということが多かった。

台風といえば、私の年代の人間が思い出すのは伊勢湾台風だ。
小学5年の時で、遠縁に当たる家が全壊して、朝、取りあえずおむすびを届けたことを憶えている。
伊勢湾台風とその何年か後の第二室戸台風の後、大きい台風に遭遇していない。
当時はテレビはもちろん携帯ラジオもなく、天気予報の精度も今ほどではなかったはずだ。あんなに大きな台風が来るなどは予想していなかったから、備えも大してしていなかった。私の実家も玄関から雨水が降り込んで、夜中に両親がバケツで汲みだしていた。雨漏りもひどかった。山の木が何本も倒れ、その年の冬は日曜ごとに薪作りを手伝った。

今回はそれほど心配する必要はなさそうだったので、シェードを片付けるだけにした。
夕方の天気予報では豪雨の地域があると言っていた。よほどの降りになるかと思い、夜中、布団の中でいつ土砂降りになるかと耳を澄ませていたが、そんな気配はないままで時間が過ぎた。携帯ラジオをつけて台風情報を待っていても、一度も知らされることなく通常の番組が進行していく。そのうちに眠ってしまったようだ。
結局たいした雨も降らず午前中に雷雨がちょっと降っただけ、昼頃にはもう晴れてきたので又日よけシェードを又取り付けた。

こちらは大したことなく済んだが、南でも北でも今年は台風の被害が大きかったという。亡くなられた方もあり、農作物の被害が甚大だったそうだ。
自然災害は人命第一に身をすくめてやり過ごすしかないものか。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/403-134fb468

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR