FC2ブログ

Entries

素人俳句  8/26

友人は昔のクラスメートA氏に誘われて、二人で付け句をしているそうだ。遠くに離れているので郵便かメールかで続けているようだ。
付け句(俳諧の連歌?)というのは五・七・五の発句に七・七の句を付けて一つの世界を作り上げ、次に後半の七・七に新しく五・七・五の句を作って付け、全く別の世界を展開する、それを繰り返していくもの。発句が独立して俳句になったという。不勉強なので私には正確に説明することができない。

相手のA氏の作る句には、友とか仲間という語句がよく出てくるらしい。そして、二人の付け句を他の知り合いにも見てもらって欲しいと言っているそうだ。A氏はよほど仲間を拡げたいらしい。

ところで友人には、今でも親しくしている別のクラスメートがいて、そちらは本格的に俳句を作っている。A氏の希望に沿って、どうせならよく分かる人にと、二人の付け句を見せたそうだ。俳人B女子はさっと読み、特にA氏の句について「こんなの俳句じゃない!」と酷評したそうだ。A氏にやんわりとその旨伝えても意に介されず、もっと別の人にも見せて欲しいと言われたという。

「今度見てくれる?」と友人は言うのだが、見せてもらっても、俳句のイロハも知らない私に何が言えるのだろう。
テレビで「プレバト」という番組があって、毎回芸能人の俳句を査定している。ナツイ先生という俳句の先生の毒舌が的を得ていてとても面白いよ、俳句をやるなら勉強になるよ、と言ったが、友人は乗り気ではなさそうだった。他の方法で勉強しているなら別にいいことだが。

どんなことでも勉強や訓練をしないと上手にならないはずだ。形だけ真似しても自己満足で終わってしまうだろう。友人とA氏の付け句がどれほどのものか素人には評価できないから、見せてもらっても社交辞令で的外れに褒めることしかできない。
仲間うちで単に暇つぶしで作るのはそれはそれでいいとして、物知らずの素人に見せても大した意味はないはずだけどいいの?
「多分だけど、あなたたちが今よりもっと勉強して、自分達の句がどの程度のものか分かるようになったら、人に見せることが恥ずかしくなると思うよ」と、私は本音で言った。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/390-60dd7596

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR