FC2ブログ

Entries

非論理的  8/3

先日会った友人が、絵を使った問題というか、クイズというか、頭の体操を持ってきた。

一見したところ同じような絵が並んでいる。約5cm四方の枠の中に、ヨットとカモメと黒い影で表した人が描かれたイラストが横に5枚、縦に4枚の計20枚。
ほとんど全て少しずつ違いのある絵であるが、20枚のうち2枚だけまったく同じ絵がある。それは何番と何番でしょう、という問題だった。

「認知症の予防になるかも」というので、やってみた。さてどうやってみつけたらいいのかと、頭を捻りながら手当たり次第に比べてみる。こういう時、私は論理的に考えられないのだ。

友人は絵の番号のメモを取りながら、例えばカモメが2羽の絵が一枚だけだったら、その番号ははずすというやり方で引き算していったそうだ。なかなか時間がかかるよ、と言う。その言葉を聞きながら、私は全体の中から、似ているように見える絵の組み合わせを選んで、検証するやり方をとる。選んだ組み合わせが違っていたら、別の組み合わせを選ぶ。まるで論理的ではない。

ところが私が答えを出すと、友人があなた早いね、私はもっと時間がかかったと言った。
おそらく友人の場合は問題の解き方を見つけるのに時間がかかったのだ。私の場合は解き方を考える前にいきなり似た絵の組み合わせを探し始め、たまたま紛れで早く見つかっただけだと思う。

そういう偶然があるから、早く見つかったら頭の働きがいいとは断言できない。早くても遅くても見つけることができたのだから、お互い、まだ何とか頭は働いているのよという、慰め合いの結論になった。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/367-162afa7c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR