FC2ブログ

Entries

本のリサイクル  7/30

先日整理して不要になった雑誌や本を夫に頼んで図書館へ持っていってもらった。小さめの段ボール一箱分だが、車で運んでもらわないとさすがに重い。
図書館では貸し出しに使えるような新しい本は寄付本として扱い、そうでないものは誰でも持ち帰り自由な本として、入り口近くの本棚に並べてある。その区別は図書館の職員の方が判断されるので、持ち込む方は一括して渡す。

帰ってきた夫の話では、すでに多くの本が置かれていたそうだ。別に収集日というわけではない。市民が持ち込む本はいつでも受け入れてもらえる。近ごろは断捨離する人が多いからだろうと思う。

図書館へ行った時に“自由にお持ち帰り下さい”という本棚を覗いてみると、古本屋へ持ち込んでもまず引き取ってくれないような本や雑誌などは、やっぱり引き取り手が現れずに残ってしまうようだ。
処分しなくてはならないが、思い入れがあって自分では捨てにくい。もしかしたら誰か読んだり役立てたりしてくれる人があるのではないか。そう思って持ち込んで来る市民の気持ちを図書館のほうは無碍にはできないのだろうけれど、もしかしたら職員のかたの雑用が増えているのかもしれない。残ってしまった本は結局資源ゴミに出すしかないのだ。

雑用を増やすだけにならないように、寄付本として選ばれなくても誰かに持ち帰ってもらえそうな、少し古くてもきれいな本や雑誌を選んだのだが、どうだろう。私個人の判断が甘くて資源ゴミに出すしかなかったら、ほんと、申し訳ない。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/363-16eb1b2b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR