FC2ブログ

Entries

アライグマ?まさか  7/14

夜、居間の掃き出し窓を網戸だけにして風を通していたら、猫とは比べものにならない大きさの動物が覗いていたそうである。

階段下から夫が声をかけてきて「何か変なのがいるから二階も窓を全部閉めておけ」と言う。
私はその時二階のベランダにいて、室内に吹き込む風が少しでも涼しくならないかと、霧吹きを片手にささやかなエコ活動をしていた。ベランダから庭を見下ろしていたら何か動く物が見えたかもしれないが、夫の言葉に心配そうなニュアンスを感じたので、取りあえず室内に入って窓を閉めて回った。
一階に降りて説明を求めると、アライグマかもしれないと言う。本当にアライグマだったのなら確かに危険だ。

時々テレビのニュースで、どこかの町に頻繁に出没し、気性の荒さのために被害を被ることがあると言っている。人間にも牙をむき出して立ち向かってくるそうだし、爪が鋭くて危険だそうだ。
我が家は住宅地であるが市内のはずれではない。こんな場所にアライグマが現れたとしたら一大事に違いないけれども、まさかという思いの方が強い。

夫と話していて、もしかしたら狸ではないかと気がついた。インターネットで狸の画像を検索して夫に見て貰った。実物の狸は犬のように尖った顔をしているらしいが、正面から写っている写真では丸っこい顔立ちだ。夫が見たのも丸顔だったと言う。念のためにアライグマの画像も探して狸に似ているとは思ったが、もし夫が見たのがアライグマだったとしたら、人間と間近に対面して簡単に逃げ出していたかどうか、どう猛に立ち向かってきたのではないか。網戸など簡単に破るだろうと思われる。
すたこらさっさと逃げていったのなら、おそらく狸だったに違いないという結論になった。

数年前同じ区内の学校に狸の親子が出没するという地方ニュースが流れたことがあった。こんな街中でも狸が住みついている場所があるのだと思った記憶がある。公園や他にも緑がまだ残っている区域があるからかもしれない。
そういえば、ずっと前に同じ町内の誰かがアライグマを目撃したと聞いたことがあるが、あれも狸を見間違えたのではないだろうか。本物のアライグマだったなどとは思いたくないのだが。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/346-79b2d106

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR