FC2ブログ

Entries

この頃断捨離について思うこと  7/13

夫が現役時代夜勤専門要員だったこともあって、自然に夫婦別室で休むようになっていた。長い間そうして過ごしてきたので、退職後も引き続き夫婦別室にしている。
ただし、夏の間は冷房を入れる関係上、同じ部屋で休む。

相談の結果、今年は今夜から冷房を入れることになった。例年通りに、いつも私が使っている広い部屋で一緒に休むことになる。以前冷房の効率を考えて夫が使っている六畳間も検討したことがあるが、猫たちまで寄り集まってくるから窮屈だという理由で夫に却下された。伸び伸びできないそうだ。
平生独り占めにして使っている部屋なので、私の好き勝手に散らかしたままになっており、二人分の布団を敷くには片付けなくてはならない。そのため午前中掃除を兼ねて片付けものをした。

よくもまあと思うほどの物がある。思いついた時に不要品を整理しているつもりだが、不要品と思わないので処分していないものが多い。洋裁や編み物の材料がかなりある。内職をしていた頃の工業用ミシン糸や余り物の芯地やテープまで今でも残っている。半分以上は整理したがそれでもまだある。
洋裁や編み物をしている方のブログに、山と積まれた材料の写真がアップされていることがある。そこまでではないが、中途半端に多い。
中途半端に物があるのは厄介だ。何か作ろうと思うと、足りないものが出てくるから、結局買うことになってしまう。

全部捨ててしまったら、すっきりするだろうと思うが、きっと又何年か後には捨ててしまったことを後悔するような気がする。私の場合は三・四年後になって又作りたくなることがあるのだ。一つのことに精進するタイプではないので、あれもこれもと渡り歩いて、三・四年で又元に戻ってくることを繰り返している。
当分この状態でいくしかないかと思う。断捨離はやっぱり向いている人と向いていない人があるような気がしている。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/345-0273573d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR