FC2ブログ

Entries

現実はこんなもの  7/12

端布で作った麻の布巾はかなり使いやすい。水分をよく吸収して残さない。まだ新しいので生地が少し固いが使っているうちになじんでくるだろう。
別に白い麻の生地が1mあったので、それも切って布巾にしてしまった。
食事で使った食器類を洗うのは私だが、拭いて片付けるのは夫がしてくれることが多い。「麻の布巾いいでしょう」と言っておいた。
使いやすい布巾を用意するから、これからもお願いしますね、フフ。

夫の母親は五十代のうちから病気のため歩くことが不自由になっていたそうだ。姉たちが結婚して家を出て行ったので、買い物をしたり、簡単な家事や介護のようなことを父親と一緒にしていたと、夫本人は言っている。

母親の没後、私と結婚するまでの数年間は父親と二人暮らしの男所帯だった。
私とは夏にお見合いをしたが、夫は冬ものの厚手ツィードの背広を着て現れた。世話してくれる人がなかったとはいえ、本人も身なりに構わない性質だったとはいえ、さぞ暑かったことだろう。第一印象は何だか不機嫌そうな人というものだった。

そういう人とどういう縁があったのかわからないが、あっさり結婚が決まってしまった。
多分夫の方はこの際何でもいいから女手が欲しいと思い、私の方は考えすぎることを止めようとしていたからだと思う。
結婚が決まってから、時々私は現在の婚家へ立ち寄ったけれども、台所の荒れに恐れをなして男二人に手料理を振る舞うことができなかった。新婚旅行から帰ってからまずしたのは台所を片付けて磨くことだった。

退職後、味噌汁を作るのはいつも夫である。本当は私が作った方が美味しいはずだが、晩ご飯に間に合わせればいいとのんびりしていると、あちらが午後二時ごろからもう作り出してしまうので、いつも後れをとる。
せっかちな人で、五時をまわるころにはもう食卓に箸や食器が並び、夫の好物の漬け物などが、まずこれを切れと言わんばかりに置かれている。自分で切る気はないようだ。昔、たくあんを1.5cm厚に切って私に笑われたからね、それでは総入れ歯のお義父さんは絶対に食べられないよと言って。
食事後、私は洗い物を済ませてから、歯を磨く。時間をかけて磨いていると、その間に夫がさっさと拭いて片付けてくれるから、私は楽をさせてもらっている。

理想の結婚生活ではなかった。でも現実はこんなものだと今では思う。



関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/344-c87602a6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR