FC2ブログ

Entries

肉屋さん  7/8

新聞の折り込み広告に、近くの精肉店からのお知らせが入ってきた。
店の休日も増やした上、営業時間もうんと短縮されて、午後2時半にはもう閉店することになるという。ほとんど昼時だけの営業だ。店の前を通りがかると、いつも昼食用の総菜やサンドイッチを買い求める客が待っているから、客足に合わせて営業時間が決められたに違いない。
肉類は当面扱わず、ただし安売り開催日と予約があればその分だけは売るそうだ。
商品も人手も需要のある分に集中していこうとする営業方針に変わったようだ。

考えてみたら、ここ何十年も肉類はいつもスーパーで買ってばかりで、専門店ではほとんど買っていない。いつの間にかスーパーの肉は安く、専門店は高級品を扱うと思い込んでいた気がする。薄利多売のスーパーの商いに対して、個人商店では利益を多くするためにいくらか高く価格設定する必要はあったはずで、そのせいで高級品を扱っていると誤認識してしまったのか。いずれにせよ、消費者は一円でも安く買いたいのだから、生き残るのは難しかったに違いない。

昔、結婚前に田舎に住んでいたとき、新しくできた団地の中によくはやる精肉店があって、肉類はそこで買っていた。近くに同業の店がなかった上、安いと評判がたってはやっていたので商品の回転もはやく、新鮮ないい肉を売るとさらに評判になった。もちろん対面販売で必要な分だけ計ってもらっていた。食品をパックするときにガスを一緒に封入することなどなかった時代だ。
ずっと後になって大手のスーパーが開店したので、その店も今ではもうどうなっているのかわからない。

時代が変わって食品に対する考え方も変わった。今では素材を買って帰って一から調理しなくても、既に調理済みの食品も多い。忙しい人が増えたからそれに対応しているのだろうか。
折り込み広告の入ってきた店も、これからは、通常は総菜とサンドイッチだけを売るというのだから、もやは素材を売る店ではなくなるのだ。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/340-3046d316

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR