FC2ブログ

Entries

型紙を処分

洋裁ブログを覗いていると、自分の洋服を縫っている若い人が増えてきたように感じられる。デザインを考え、縫って着てみて、結果を又次に繋げるという一連のことを楽しんでいる様子が伝わってくる。
やっぱり洋服が好きでたまらない人は、自分でデザインして作るところに行きつくようだ。今は町の洋裁店で仮縫いをして縫ってもらう時代ではないし、本当に欲しいものは自分で納得がいくように作るしかないはずだ。自分でやってみようと思う人が増えているのは、いいなあと思う。

昔から着るものの好みはうるさくない方だったから、実用的なものばかり縫ってきたような気がしている。似合うにこしたことはないけれども、着やすくて動きやすければそれでよしとしていた。着こなすところまではいかなかった。今の若い人はバッグや靴やアクセアリーを含めた着こなしまで考えていて、すごいなあと感心している。

押し入れの整理をしていたら、以前縫ったものの型紙がいろいろ出てきた。同じものを布地を変えて又縫うつもりで保管していたはずだ。同じものを縫ったことなど結局一度もなかったというのに。
夫のジャンパーの型紙までとってあったが、もう今ではそんなもの面倒で縫う気になれない。自分のものも、流行があるから今同じものを縫っても着ないはずだ。
とっておいてもこの先もおそらく使わないだろうから、ほとんど全部処分した。

これが自分のスタイルというものがあれば、型紙も使い回せるに違いない。私の場合、そういうものが見つかっていなかったから、型紙も不要なものばかりだったということかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/312-f2b26b11

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR