FC2ブログ

Entries

ミシン

 ミシンを3台持っている。直線縫いとふちかがり用ロックミシンと、最近譲った家庭用ジグザグミシンと入れ替えに買った家庭用カバーステッチミシンだ。

 年明け早々に、実家からミシンが壊れたけれど要らないものはないかと聞いてきた。
 一番古い直線縫いを貰ってくれるなら、買い替えの決心がついて私としては丁度よかったが、素人だからフリーアームミシンでないとズボンの裾上げができないと言う。
 私の直線縫いミシンはポータブルの職業用でフリーアームにできない。嫁入り道具として持ってきたので、もう二十数年も使っている。そのうち何年間かは内職で酷使した。塗装もはげて傷もいっぱいついている。フットコントローラーのソケットが緩んできたので、部品として買い換えたいと思ったら、現在ではもうメーカーに在庫がないそうだ。愛着はあるけれど、あと何年使えるかわからない。
 フリーアームにできる家庭用ジグザグミシンの方は、10年くらい前にニット縫いのためのステッチに引かれて買ったけれど、実際に縫ってみると今ひとつ思っていた仕上がりにならなかった。縫ったところが伸びてしまって、アイロンで押さえても少し気になるのだ。家の中で着る普段着ならそれでも構わないとは思うものの、何か気になってしまって嫌だった。ニットがうまく縫えないとなると、布帛を縫うには職業用のほうが勢いがいいからそちらばかり使って、結局ジグザグミシンはあまり出番がないことになった。今はほとんど使わないけれど、直線縫いが壊れたときのために残しておこうと考えて、押入れに入れたままにしていた。使いこんで思い入れがあるという機械ではなかったので、場所ふさぎになってもいることだし、欲しい人が現れて手放すのには丁度いい機会だと思う気持ちも起きた。
 結局実家へはこちらのジグザグミシンを譲った。
 
 ミシンが一台減って置き場ができたので、今度はニットを縫うためのカバーステッチミシンというのを買った。10年前に発売されていたなら迷わずこちらを買っていたはずだが、あの頃は家庭用のカバーステッチミシンはなかった(と思うけど)。
 新しいミシンで試し縫いを兼ねて、バーゲンで買ったパジャマのズボンの直しをした。うん、縫い目が落ち着く。これだけのことがちょっと嬉しかったりする。
 
 ところで弟に譲ったミシンだけれど。まったく同じミシンを使って何枚も洋服を縫ってみえる方のブログを見つけた。ニットも布帛もワンピースからオーバーコートまで、とても感じのいい出来上がりの洋服ばかりで、世の中にはすごい方がいらっしゃると感心した。
 もしかしたら、私が上手に使いこなしていなかっただけのことで、あのミシンはそれほど悪いものではなかったのかもしれない。粗略に扱って悪いことをしたような気に、ちょっとだけなった。
 
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/29-9655008f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR