FC2ブログ

Entries

猫のこたつ  5/5

今日もよく晴れそうだったので、布団を干した。
夫がウォーキングシューズを買いに行くと言う。一人で買い物に行くと、店の人に悪いと思うのか合わないものでも買ってしまうことがよくあるから、履いてみてしっくりしなかったらちゃんと断った方がいいと念を押して送り出す。

冬の間猫専用になっていた暖卓の、こたつ布団はとっくに片付けたが、布団の上に重ねていたカバーとこたつ敷きをまだそのまま使っている。カバーに覆われた暖卓を隠れ家のように使っている猫が一匹いるためだ。
カバーは自分で木綿地を縫い合わせて作った、汚れよけだ。こたつ敷きも自作で、キルティング地を切ってテープで縁取りしただけのものだ。どちらも自宅で洗うことができるように作ってある。猫に汚された場合を考えて、替えも用意してある。
思い立って、こたつ敷きをはずし、カバーも取り替えて洗濯することにする。洗濯する前には猫の毛を粘着ローラーで取り除く手間がかかる。
コインランドリーの注意書きに「ペット用品、汚れのひどい作業着、おむつなどはご遠慮下さい」と書いてあった。カバーもこたつ敷きもペット用品というわけではないが、我が家に限ってはペット用品のようなものだ。仲のよい猫たちなら、くっついて丸くなって寝てくれるだろうから、人間が足を入れるくらいはできるはずだが、うちの猫は三匹ともてんでんバラバラで猫団子など作ったことがない。それぞれがバリアを作っているのでこたつの中は三匹で定員なのだ。人間が足を入れると定員オーバーになる。つまり人間は使っておらず、猫専用なのだ。

洗濯機を回しながら掃除機をかけた。あちこちが猫の毛だらけで抜け毛の季節だと思い知らされる。

夫は昼前には帰ってきた。今日は足に合う靴が見つからなかったから買わなかったと言った。それでいいんです。
靴は買わなかったが、例によって食料品は買ってきた。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/276-6c65275e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR