FC2ブログ

Entries

NHKスペシャル「若冲」 4/25

昨晩のテレビ番組、NHKスペシャル『天才絵師「若冲」の秘密』で、若冲の絵の独特な描き方を解説していた。何気なく見ているうちについ引き込まれ、興味深く見た。

当時、顔料(絵の具)の種類はそれほど多くはなかったそうだ。他の絵師とほとんど同じ絵の具を使っているのに、若冲の絵の独特な深みと奥行きを感じさせる色彩は、絵の具の使い方によっていたとか。
例えば、色の重ね方を違えることで南天のひとつひとつの実の違いを浮き立たせているとか。紅葉の葉は画を描いた布の表と裏から着色したり、裏側だけに色を差したり表だけだったりと、そういう方法で色の違いを出していたという。

他にも鳥の羽の一枚一枚、色を塗った上にさらに細かく線を描き込んでおり、それによって微妙な色合いを感じさせていたりする。拡大してみると線が同じ間隔で引かれており、驚くほど精緻な技法だという。
明かりも拡大鏡も文明の利器がない時代に、どうしてそのようなことができたのか不思議だ。
それはもう不思議な力がはたらいていたとしか思えない。あれだけ描き込むには相当の根気が必要なはずで、それだけでも常人ばなれしている。

若冲は「千載具眼の徒をまつ」(千年後に理解者が現れるのを待つ)という言葉を残していたそうだ。確かに現代にいたって最新の光学機器により、その絵の不思議な技巧が解明されているが、絵師本人が科学的な解明を望んでいたとは思わない。絵師としての自負と矜持を表す言葉だったように思う。それだけ絵画に心血を注いだ一生だったに違いない。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/266-e254ce76

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR