FC2ブログ

Entries

お洒落じゃない 4/20

夫は勤めていたとき、スーツを着る必要のない現業だったので、起きるとすぐに作業着に着替えていた。そのまま出勤して、帰宅すると風呂に入りパジャマに着替えるのである。休日はさすがに私服だったが、家にいても楽ちんなジャージー姿になることはなかった。たいていはポロシャツかセーターにジャンパーという格好で、普段着だからくたびれた洋服だが、出かけるときもよそ行きに着替えたりしなかった。くたびれた格好のまま平気で出かけていた。昔からとにかく構わない人なのだ。
定年退職した現在は、当然いつも普段着のままでいる。街中へ買い物に出かけるときも普段着のままというのも以前と同じ。いちいち着替えたりするのは面倒らしい。それはいいのだが、最近では午後の五時前にもうパジャマに着替えている。ちょっとねえと思うが、古女房の私は何も言わない。

亡くなった舅は家ではジャージー姿だったが、出かけるときは着替えて頭も撫でつけ、玄関では靴にブラシをかけていた。寝間着姿になるのは夜寝る直前だった。親子でも違うものだと思って見ている。世代によるものか性格によるものかは分からない。

若い頃は、私だって少しはお洒落をした。出かけるときはきちんとお化粧もしたし、洋服もそれなりに整えて出かけた。ところが、結婚した相手がそんなことには興味がない人だったので、感化されてしまったというか、特に年をとってからはどうでもよくなった。
今はとにかく楽な格好がいい。ハイヒールなどもう履きたくもない、運動靴が一番。
外国映画でけっこう年配の女優さんがハイヒールを履いているのを見ると、感心する。美しくありたいという気構えが違うのだろう。

女優さんだけではなく、女の人の中には年をとってもきれいでいたい人はいる。
友人と話していて、エステに通ったことがあると言ったので驚いた。一万円のクリームの話題にもびっくりした。他の人よりきれいだと自己満足したいのか、優越感に浸りたいのか、ついでに男の視線を集めたいのか、何なのだろう。
とてもあなたには敵わないから(美容のために使う金額の点で)、ま、頑張ってねと笑っているだけだ。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/260-dc8d5317

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR