FC2ブログ

Entries

間違いばかりしている 3/31

下田直子さんの編み物の本に掲載されている、ガーター編みのカーディガンがとてもいい感じなので編もうと思った。
手持ちの工業糸を引き揃えて、針の号数は糸に合わせてゲージを取り、目数や段数は自分で計算した。編み針も手持ちの中で一番太い8号を使うとして、本の作品より相当編み目の数が多くなるが、暇は十分にあるから時間をかければいい。

下田さんのカーディガンは襟ぐりから編むセーターの応用だと思うが、襟ぐりから下に向けて編むのと逆に、裾から襟ぐりに向かって編んである。
襟ぐりから編むセーターとは、襟ぐりから初めて丸ヨークを編み全体の目数を袖分と見頃分に分けて、そこからは別々に編むセーターだ。ヨーク部分の増し目が一律なのでどちらかというとなで肩の感じに編み上がる。下田さんのカーディガンの写真は肩のあたりがすっきりしている。それはヨーク部分を、増減なしで6~7cmほど筒型に編む部分と、襟ぐりに向かって分散減目を多くした部分に分けて、肩傾斜を急にするという工夫がしてあるからだと思う。

編み方の図解からそれだけを見てとって、表編みのガーターで袖から編み始めたが、最初にとったゲージと違ってきてしまったので編み直すためにほどいた。気分をかえようと今度は見頃から編み始めてみる。ところが途中で本に裏編みのガーターの方が端の目がきれいだと書かれていたのに気がつき、再度ほどいた。
今度こそはと、本とは逆に襟ぐりから編み始めた。糸が足りなかったら半袖のベストにすればいいし、融通をきかせられると考えたのだ。ところがもう少しでヨーク部分を編み終わるというところで、今度は袖分の目数を忘れて見頃の目数だけで計算していたことに気がついた。

一体何やっているんだろうと、嫌になってきた今日この頃。こうまで失敗続きなのは、集中力がなくなっているせいだろうかと反省。簡単にできるはずとタカを括ると、やっぱりいい結果にはならない。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/239-c24eaa5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR