FC2ブログ

Entries

若い女性 3/8

漱石の「こころ」を読了したので、図書館へ返しに行った。
昔読んだ古い本は旧字体の漢字で読みにくかったが、最近は新字体に替えてあるからとても読みやすい。夜眠る前に少しずつ、新聞小説を読むような態度で読んだ。
場面転換が現代の小説ほど多くないにもかかわらず、話の運び方と細やかな心理描写でぐいぐい引き込まれていく。面白かった。でもこれが大学生による名作のランク付でベストスリーに入った理由は私には分からない。

漱石の小説では、「三四郎」の美禰子さんもそうだが「こころ」のお嬢さんも、若い女性がコケットリーに描かれている気がする。
若い女の人は本人にそんな気がなくても、男の目で見ると心が読めずに振り回されるように感じられるものなのだろうと思う。今ほどフランクにつきあうことがなかった時代だから、余計にそうかもしれない。
友人は若い頃、自分の方はただの友達づきあいをしているつもりだった男友達が、友人の心を測りかねて真剣に悩んでしまったことがあって、男友達の母親にもう電話しないで下さいと言われて驚いたことがあったそうだ。
女の立場から言うと、思わせぶりでも何でもない仕種にまで意味を与えられて、独りよがりに懊悩されてもね、と思うのだけれど。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/216-2892903c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR