FC2ブログ

Entries

ごぼう料理 2/27

夫がたまにごぼうを買ってくる。2本入り一袋を必ずといっていいほど二袋買ってくる。

以前はきんぴらをよく作った。2本分をできるだけ細く千切りにして、そこにさらに人参も千切りにして足して炒め煮にすると、大きなどんぶりに山盛り一杯のきんぴらができる。常備菜のように食卓にのせておくと二・三日で食べきってしまう。
夫はきんぴらが好きだし、私はお通じにいいと信じているからたくさん食べるのだ。
食べるのは簡単だが、作る時に千切りで時間をとられるし、指先がアクで真っ黒になって人前に出せない手になるので、きんぴらはたまにしか作らない。

この頃は、作るのが簡単なのでごぼうのポタージュをよく作るようになった。料理人が本格的に作る場合はもちろん手間も時間もかけるのだろうけれど、庶民の家庭のずぼら料理だから、簡単というだけだ。

ごぼうは洗って皮をこそげて薄切りにしておく。玉葱を薄切りでもみじん切りでも何でもいいから切って油で炒め、ごぼうを足して水を加えて煮る。スープの素を足し、少しだけとろみを出したいので、あり合わせのパンとか残りご飯とかを少し加える。ごぼうに火が通ったら、ちょっと冷ましてからミキサーにかけてどろどろにする。鍋に戻して加減を見ながら牛乳を加えて温める。
この頃は油で炒めるのを省いて、玉葱とごぼうと押し麦を弱火でじんわりと煮て作るようになった。押し麦は水溶性の食物繊維が多いそうだ。油分は気分次第で最後に少しオリーブ油を垂らすこともある。

全てがテキトーなので、毎回仕上がりも味も違うが、客に食事を提供するレストランの料理ではないから、気にしないで食べる。
ごぼうのポタージュと、ハムとチーズとレタスを挟んだホットサンドと、煮たりんごでお昼にする。外食はほとんどしないが、毎日手抜き料理をしているので、ご飯作りはそれほど苦にはならない。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/206-3c1f1ca3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR