FC2ブログ

Entries

恥ずかしい 2/20

気がつくと独り言を言っている自分がいる。
自分自身のことが恥ずかしくてたまらない気持ちになった時、声に出して何かを言うと救われるような気がする。
恥ずかしいのは、道を貫いてこなかった自分の中途半端な生き方に対してだ。いや紆余曲折はあってもよかったが、その時々真摯に方向を探ってこなかったことに対してだ。
日々こつこつと努力してきて、これが私の本分だと自負できるものがあったら本当によかったのにと、今思っている。後悔先に立たずだが、私にはこれと言えるものがないことが、かなり恥ずかしい。自分にはこれがあると思っている人は人の評価など大して気にしないし、むやみに人をあげつらうこともないだろう。自分の芯になるものがある人は、人と比べてあれこれ思うことはなく、静かに佇んでいるだろう。
「わたしバカだね」と、時々声に出して独り言を言ってしまうのだ。「そうだよね」と別の自分が答えてくれて「バカだからこんな人生を送っているけれど、しかたないよね」とここは無言での、心の中での対話。
儀式のように繰り返して、心の平穏を保っている。隣で夫は黙って聞いている。

というようなことを誰かに向かって打ち明けているみたいな自分も本当は恥ずかしい。まるで羞恥心を持っている人間だと気取っているみたいで。


関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/199-53b991fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR