FC2ブログ

Entries

日記   2/19 

天気が崩れるのはどうやら今夜半過ぎからになるようだ。今日も昼間は晴れだった。天気予報では明日は土砂降りらしい。

明日が期限だったことを思い出して、図書館へ本を返しに行った。返却のついでにまた別の本を借りてこようと思ったら、今日は本の整理のための休館日だった。毎週の休館日とは別に月に一度そういう日がある。
休館日の返却用のポストがあるので、本を返すという目的は果たすことができたが、次の本を借りることはできず、帰りのリュックは軽かった。
重い物を背負って歩くと骨のためには良かったはずだけどな、などと取りとめのないことを思いながら歩いて帰る。
帰途、本屋へ寄って立ち読みしたり、スーパーの食品売り場へ寄ったりしたが、買いたいと思うものがなかった。

昨日古本屋でアガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」の文庫本を買ってきた。
クリスティーは若い頃、ポアロもミス・マープルもその他もほとんど読んだつもりだ。「そして誰もいなくなった」も多分読んでいるはずだが、どういう内容だったかまったく覚えていない。
早川文庫の「ミステリー・ハンドブック」というミステリーの格付けをした本を読んでいたら、クリスティーの作品ではこれが一番評価が高かったので、読んでみたくなったのだ。いつも行く図書館の本棚で探したら見つからなかった。そういう場合は申し込めば他の市立図書館の在庫から取り寄せて貰うことができるが、いつかそのうちと思っているうちに古本屋で見つけたので、自分で買って読んだ方が早いと思った。
若い頃のように集中して速く読むことはできなくなったので、暇を見てぼちぼち読み始めている。昔に比べると文庫本も高くなったが、活字が大きくなったのは有り難い。夜、布団の中で眠くなるまで読む時、ハードカバーと違って持っていて疲れないのがいい。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/198-0a13719e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR