FC2ブログ

Entries

予算生活 2/7

よそ様の財布の中身は、はたから生活ぶりを見ているだけでは分からないが、多分我が家と比べてやりくりが上手なのだろうと思うことがある。
必要な物を必要なだけ買って無駄を出さず、年に何度かは息抜きの旅行にも行き、身だしなみを整えるくらいの理・美容費や被服費も使いと、うまく切り盛りされているように思う。

我が家の場合、私はほとんど買い物をせず、欲しい物はたまにネットの最安値店で使えるだけのポイントを使って購入する。
一方の夫はチラシの品大好きの買い物好きで、安かったという理由だけで不必要な物まで沢山買ってくる。何しろ薄力粉1kgの袋が3個も4個もストックになっていたり、他にも色々あって家の中がちっとも片付かない。
買い物のほとんどが食品なので、消費期限や賞味期限がいつも気になる。さすがに持て余して人様に貰っていただいたりもするし、夫には内緒で捨ててしまうこともある。夫は自分が買ってきた数を把握していないので妻が捨ててしまっても気がつかない。こういうことはまことに無駄だと思う。
止めて欲しいと何度も言っているが、次の日にはもう忘れているようで、また、チラシを丹念にチェックしているのだ。
夫に対する一番の不満はその点だけれども、もう半ばあきらめてしまってどうでもよくなってきた。買い物に行く時間をとられないですむだけ、ありがたいとでも思っておくしかない。
二人ともお洒落ではないせいで被服費はごく少ないし、理・美容費も少ない。旅行に行ったことは結婚旅行以来、日帰りで一度だけだった記憶だ。二人で外食なんて、最近はほとんどしていない。


何が楽しみで生きているのだろうと、言われてしまいそうな生活をしている。

婦人之友社から出ている雑誌「婦人之友」には予算生活の記事があって、毎号体験記事が載っている。何を節約して何にお金を使っていくか予算を立て、地道に生活していこうとしている家族の記事だ。思わず、これこそ「正しい生活だ」と叫びそうになる。
ただただ節約に励んで、けちけち貯め込むことがいいわけがない。と、思うのだが、それでは自分がそのような予算生活ができるかというと、多分できない。結局、ただただ使わないようにしていながら、そのくせ何処かに穴が開いているのにそのまま、ということのような気がする。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/186-af2de9d6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR