FC2ブログ

Entries

とくにどうということはない  2/6

借りてきたDVDのうち、「オンリー・ユー」はつまらなかった。多分ラブ・コメディのつもりなのだろうと思うが、笑えなかった。一緒に借りてきた「情婦」の、病み上がりの弁護士が看護婦に対してとばす辛辣なジョークの方がよほど笑える。「情婦」はアガサ・クリスティー原作の推理ドラマ。マレーネ・ディートリッヒが出演している。やっぱり貫禄の美しさ。
「若草物語」も一緒に借りた。「若草物語」はリメイクが何度もされているようだ。前に見たときはもっと古い方の版だったが、今回見たのは1995年版だった。お母さん役の女優さん、見たことがある顔だと思ったら、前年の映画「依頼人」の女弁護士役の人で、スーザン・サランドンという女優さんだった。
「オンリー・ユー」も、調べてみたら1995年公開だそうだ。
今日が返却期限だったので、徒歩でツタヤまで行ってきた。

我が家からツタヤまではちょっとした距離があり、途中に喫茶店やカフェがいくつもある。入りたくなるが、家で夫が私がコーヒーを淹れるのを待っているから、寄り道はしない。

ここ何ヵ月間か、我が家では3時にはインスタントではなくレギュラーコーヒーを飲んでいる。
喫茶店で飲むことを思えば安上がりだし、と思って初めのうちは豆を買ってきて、挽いて淹れていた。そのうち面倒になって、粉を買うようになった。しばらくすると夫が安売りの粉を大量に買ってくるようになった。飲んでみればインスタントよりうまいそうである。
買ってはくるが、夫は自分では決して淹れようとしない。私がわきから色々口出ししそうで、それが嫌なのかもしれない。私ももし、夫が淹れると言ったら文句を一杯言いそうで、やっぱり自分がいいと思うように淹れたい。だから外では飲まないで、夫がおやつを用意してコーヒーが出てくるのを待っている家に帰ることにしている。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ohutarisama331.blog120.fc2.com/tb.php/185-6a8f3b20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ohutarisama

Author:ohutarisama
中部圏に住む1948年生まれの専業主婦です。
夫と猫2匹と暮らしています。リンクはフリーということでお願いします。

月別アーカイブ

 

検索フォーム

QRコード

QR